Business

お金の正体

どうも、上田貴大です!
今日は”お金”の話です。
日本人はお金、めちゃくちゃ好きですよね。
僕も大好きです。

子どもに夢を聞けば、まず100%「大金持ちになりたい!」
という子どももいますし、

先日も電車に乗っていると、女子中学生の会話の中で

「お金が稼げればなんでも良い。」

という話も繰り広げられていました。

宝くじも2016年の統計では8452億円もの売り上げのようで
ギャンブルだと分かっていながら、ものすごい額が売れているんですね。

これだけお金大好き民族日本人であるにも関わらず、
清貧思想が根強く残り、お金を欲することは下品だという風潮は色濃くあります。

また、金融教育も義務教育課程でも高等教育課程でも一切されないので、
お金に対する知識がほぼ皆無のまま
社会に放り出されるのが今の日本です。

そして、少ない給料に喘ぎながら、老後の生活に不安を抱えながら生活を続けます。

おかしな話だと思いませんか?

 

ということで、お金の話をしたいと思います。

今回は、お金の正体について。

早速ですが質問です!

お金とは何でしょうか?


・・・

・・・


いくつか答えが浮かんだかもしれませんが、
もったいぶらずに答えを教えます。

お金とは、

「信用」です。

「信用残高」とも言えるでしょうね。

わかりやすい例で言えば、ハイパーインフレ。

ジンバブエとドイツが有名ですが、
2018年の今でもベネズエラでハイパーインフレになろうかとしています。

ハイパーインフレというのは、紙幣が紙幣価値を持たなくなるわけですね。
つまり、お金そのものに信用力が無くなった現象がハイパーインフレです。

ということはつまり、
通常状態での日常においては、お金はお金としての信用を持っているということが言えるわけですね。

もっと噛み砕いて簡単にします。

お金持ちの人がいますよね。
どうしてその人はお金持ちなのでしょうか?

ソフトバンクの孫正義さんは、どうしてお金持ちなのでしょうか?

ユニクロの柳井正さんは?

ZOZOTOWNの前澤友作さんは?

超有名どころの人を例に上げましたが、
さて、どうしてお金持ちなのでしょうか?

答えは簡単。
世の中に価値を提供しているからです。

ソフトバンク携帯、使ってますよね?

ユニクロの洋服、買いますよね?

ZOZOの洋服も大人気です。

これが答えです。
多くの人に価値提供をし、信用をたくさん得ているからお金が集まっています。

他には例えば、医者は高給取りの職業です。
高難度の職業で誰でもなれるわけではありません。
そして、人の命を直に扱う職業です。

価値の高い仕事ですし、当然信用も集まります。
(というか、この手の職業は信用が無くなったら崩壊します。)

だからお金は、価値を届け、信用残高の多い人の元に集まるのです。

そしてお金は、お金として価値あるものとして信用されて社会で流通します。

これがお金の正体です。

もちろん、力があって人も良い、
でもお金は持っていないという人もいます。

こういう人は、信用を集めるスキルを持っていないだけなんですね。

お金を集めにいくよりも、
信用を集めにいった方が結果的にははやくお金持ちになれるのです。

ご記憶あれ。

ピックアップ記事

  1. 根本的に仕事疲れを回復して、人生を豊かにする唯一の方法

関連記事

  1. Business

    論理的思考以上に重要かつ価値の高い思考法

    どうも、上田貴大です!TEAM Euphoriaで色々な人とお話を…

  2. Business

    ”価値を見る”ことの重要性

    どうも、上田貴大です!今回も”お金”関連した話です。別の記事で…

  3. Business

    マーケティングというスキルがビジネスの生死を分ける

    どうも、上田貴大です!TEAM Euphoria、盛り上がっていま…

  4. Business

    ビジネスを加速させるセルフブランディングを構築する3つのステップ

    どうも、上田貴大です!「セルフブランディング」は、ここ数年で一気に…

  5. Business

    リスクを取ることの重要性

    どうも、上田貴大です!今日はリスクの話です。リスクなんて取りた…

  6. Business

    成功するためには3つの視点を持つ必要がある

    どうも、上田貴大です!物事を見るときには3つの視点が必要なので…

最近の記事

  1. Mind

    言い訳族による”理解を求める”根性は腐っている
  2. Mind

    ストレスのうまい受け流し方
  3. Business

    マーケティングというスキルがビジネスの生死を分ける
  4. Business

    ビジネスをする上で避けては通れないフェーズ
  5. Mind

    Give & Give & Give …
PAGE TOP