論理的思考以上に重要かつ価値の高い思考法

どうも、上田貴大です!
TEAM Euphoriaで色々な人とお話をしていますが、
やはりすごくパワーある人ばかりで、

この人たちは人生変わるだろうなー!

って感じさせてくれます^^

僕も負けないようにより良いものを提供できるように、
めちゃくちゃ奮起しているとこです(笑)

こういうのっていいスパイラルですよね。
プラススパイラル!

さて、今日は思考法の話です。

ロジカルシンキングとラテラルシンキングについてです。

両方とも聞いたことありますか?

僕の感覚値だと、ラテラルシンキングの方がマイナーでかつ、できない方が多い感じがしますね。

一応簡単に解説しておくと、

ロジカルシンキング=論理的思考

ラテラルシンキング=柔軟な思考法

となります。

論理的思考法は、学校教育で散々鍛えられていますよね。
AだからBでしょ?
Bになるんだから、Cだよね?
って感じです。

これをスマートにこなすコツは、
問題を分解して、シンプルに物事を考えること。

ごちゃごちゃした情報だと問題点が把握できません。
簡単に、そしてシンプルにすれば、順番は反射的にわかります。

ラテラルシンキングは、柔軟な発想です。
これは、学校では殆どしないので弱い方が多いですよ。

例えば、
リンゴが3個あります。
5人で均等に分けてください。
さて、どうしましょう?

みたいな問題があるとして、あなたならどうしますか?
ちょっと考えてみてください。

・・・

・・・

・・・

はいタイムアップ。

ジュースにしても良いですね。
アップルパイでも良いかもしれません。
なんなら、みんなで均等にお金を出し合って、
もう2個リンゴを買い出しに行くのもありですよね?

こんな感じです。

つまり、前提条件を疑うということです。

日本人は特に、◯❌問題ばかりを鍛えているので
問題そのものを疑う視点を持てないことが非常に多いです。

でも、往往にして問題そのものが間違っていることはよくあります。
しかも、答えも一つじゃなかったり、両方とも正しいとか、
両方とも間違っているとか、色々な答えがあるわけです。

ですから、このラテラルシンキングはめちゃくちゃ大事ですね。

もちろん、社内会議の時なんかはロジカルシンキングが役に立ちますよね。人を説得するときもロジカルシンキングです。

両方とも大事な思考法です。
知ると知らないとでは全く違ってくることだと思うので
頭の隅に置いておいて、いつでも両方使えるようにしておきましょう^^

最近の記事

  1. Business

    コピーライティングの真髄
  2. Business

    道を指し示すのは、自分の軸だけ
  3. Mind

    ストレスのうまい受け流し方
  4. Business

  5. Business

    ビジネスをする上で避けては通れないフェーズ
PAGE TOP