成功するためには3つの視点を持つ必要がある

どうも、上田貴大です!

物事を見るときには3つの視点が必要なのですが
これらを形容した言葉がこれです。

「鳥の目、虫の目、魚の目」

簡単に説明すると、

鳥の目:広い視野で大局を見る。
虫の目:具体的なことを見る。
魚の目:全体の流れを見る。

普段僕たちはこの視点を、無意識に行なっていますよね。

普通にできれば問題ないのですが、
特に状況的に切迫したりすると、この視点がてんでバラバラに使われることがあります。

そうすると完全に見誤ります(笑

人によって、どこが得意かも別れるかと思うのですが、
全ての視点を持てた方が良いのは間違いありません。

特に、全体の指揮を取る立場で活動する気持ちがある人は抽象度の高い思考が求められますから、鳥と魚の目はすごく重要です。

では、ここで判断を間違えないようにするためにはどうすれば良いか?
自分でウンウン考えても厳しいですよ。

“リサーチ”が必要です。

自分が属している業界だけではなくて、他の業界のことまで幅広くリサーチしてください。

自分の業界よりもレッドオーシャンの市場というのは競争が激しい分先に進んでいることも多いものです。

そういう業界にはヒントはたくさんありますからそこから良いアイデアを盗んでください。
盗みながら、より良いものへと昇華する。
これがもっとも効率よく、最大の効果が得られる方法です。

鳥の目、虫の目、魚の目。
そしてリサーチ。

繰り返しますが、
特にリサーチが大事ですからね^^

最近の記事

  1. Business

    全てのことに目標を作り、数値化しよう
  2. Business

    ビジネスをする上で避けては通れないフェーズ
  3. Mind

    世の中のことに“疑問”を持つ
  4. Business

    お金の正体
  5. Business

    成功するためには3つの視点を持つ必要がある
PAGE TOP