【万能の法則】物語という名のマーケティング

どうも、上田です!
今日は緊急生LIVEやっていたんですが、
緊急だったにも関わらず、台風だったにも関わらず、
700人近くの方が視聴してくれてめちゃくちゃ有意義なLIVEになりましたー!

お陰様でめちゃくちゃ熱くなって喋っちゃいました(笑)

さて、今日はマーケティングのさらにベースの話になります。

ストーリー(物語)

僕たち人間は、太古の昔から物語が大好きです。

・童謡
・小説
・漫画
・映画
・劇
・歌
・神話

その最たる例が、宗教もとい、神話です。

イエスキリストが聖母マリアから生まれ、
こうなってああなって、最後は人々代わりに処刑された、みたいな。

そんな物語に何億人もの人たちが魅せられ、しまいには戦争までしてしまうのですから、いかにストーリーに力があるかがわかりますね。

マーケティングの手法の一つに、ストーリーテリングというものがあります。

これは、ある商品のストーリーを語って、そのストーリーで人々の関心を惹きつけ商品を手にしてもらうという販売手法です。

例えば、奇跡のリンゴ。

映画にもなった奇跡のリンゴですが、無農薬リンゴ栽培の困難を物語として普及し、
その結果、大きな売り上げを作り出すことに成功しました。

味は他のリンゴとそんなに大きく変わるわけではありません。
(もし関係者の方読んでいたらごめんなさい。)

でも人々は、リンゴ誕生の物語に共感して、リンゴを購入したのです。

この手法は、万能です。
ありとあらゆるものに活用することができます。
営業トークにすら活用できるくらいです。

例えば、

「この自動車の資料をお持ちしましょうか?」

と、

「ハイブリッドエンジン開発まで3年半かかってようやく完成した我が社の集大成●●カーの社内資料ですが、
本当はあまりお見せすることはできないのですが、懇意にしたいと思ったお客様だけにお見せしても良いという許可をいただいております。
お持ちしてもよろしいでしょうか?」

細かいツッコミは無しにしていただいて、
でもどっちが良いですかね?

よほど時間がなくてせっかちな人でない限り、後者の方が感情が揺さぶられると思いませんか?

わざとストーリーにした言葉にしてみました。

ストーリーは感情が動くのと同時に、
頭の中で映像化されるのでより理解ができるようになり、
無意識レベルでわからない恐怖心を取り除いてもくれるんですよね。

ですから、このストーリーテリングの手法は、ものすごく有効に活用することができるのです。

営業トークで使ってもよし、
セールスレターで使ってもよし、
プロフィールに使ってもよし、

万能の手法ですから、
ぜひ使ってみてください^^

最近の記事

  1. Physical

    人生のパフォーマンスが一気に上がる運動を継続するたった二つのコツ
  2. Business

    コピーライティングの真髄
  3. Mind

    世の中のことに“疑問”を持つ
  4. Business

    成功するためには3つの視点を持つ必要がある
  5. Mind

    あなたの人生が劇的に変わる!たった3つのコツ
PAGE TOP