成功へのエスカレーターを作る方法

どうも、上田貴大です!
【TEAM Euphoria】盛り上がってますー!

というか参加者の熱量がすごすぎて。
日々いろいろなメッセージ受け取って、それに返信したりしてるんですが、ほんとにいろんな人や状況があるんだなぁって。

でもそれを抜け出せるか抜け出せないかって言ったら、

抜け出せると思うんですよ。

だって、僕ができたから。

だから大丈夫です。

そのためにも今日の話はめちゃめちゃ大事になりますよ。

脳科学的アプローチで考えると、
成功するためには、セルフイメージを高める必要があるようです。

専門用語では、「エフィカシー」と言います。
日本語では自己肯定感です。

でもこれ、考えてみれば何となくわかりますよね?

あ〜、俺はダメなやつだ〜。
どうせ勝てないし、負けるし、どうせ貧乏だし。。。

みたいな考え方を頭のどこかで持っているとして…

この人、成功しそうですか?
絶対に成功できない思考じゃないですか?

でも、こういうことって結構ありますからね。
何か困難が目の前に出てきたときに
無理だ。と思うことはありませんか?

言葉にならなくても
感覚レベルでも「あ、厳しいな」と思うことはないですか?

多くの人が、この感覚だったり自己対話の中で発しているはずです。

これは冗談抜きで成功できない思考法なので、速攻で取り除いてください。

では、どうやってマイナス要素の言葉を排除し、自分のエフィカシー(自己肯定感)を高めるのか?

具体的な方法を簡潔にまとめます。

①自分の自己対話を反省する時間を設ける。

1日を振り返ってみて、ダメだ、とか、無理だ、とか
そういう自分を下げるような発言を自分自身の中で
していなかったかを反省してください。

この反省するという行為そのものが、
ダメワードを自分の中から締め出す習慣になるので、
この時間を3分で良いので取ることが大切です。

②とにかく成功した自分をイメージし、信じる。

理想とする自分像を細かくイメージしてください。
匂い、感触、気持ち、味、見えるものも、着るものも、乗るものも、住む場所も、細かくイメージします。

そして、それが達成できると心の奥底から信じてください。
最初は疑いがあっても、繰り返すことでいつの間にかできるようになってます。

そして、イメージできることは実現することができます。

朝、昼、晩、空いている隙間時間に細かく何度でもこれは繰り返しましょう。

③常に目に見えるところに行動をしなければならなくなるような何かを置いておく。

例えば、毎日ジョギングしようと思っても、普通は続きません。
毎日この本を読もう、と思ってもやっぱり続きません。

どうしてか?

理由は簡単。

めんどくさいからです。
脳は、いつもと違う行動をとにかく嫌います。
意思の力なんてたかが知れていますから、
すぐに挫折してしまうわけですね。

①と②も同じです。
やることは全く難しくありません。
小学生でもできそうなことです。
でも、これが案外できないのです。

それは、やっぱり脳がめんどくさがっているから。

だから、僕たちは少しでもめんどくさい部分を
事前に潰しておく必要があるのです。
そして、しなければならないと思い出すきっかけも用意しておく必要があります。

例えば、ジョギングであれば、靴とウェアは事前に用意しとくのです。

本であれば、開きっぱなしでいつでも手の届くところに置いておきます。

始めるまでがめんどくさいのですから、そこのハードルを最初に消し去る用意をしておくと続けられます。

また、忘れることも一つの壁です。
人間はすぐに忘れる生き物ですから、いつも目につくところに、●●をする!と書いておくのです。
しかも、それを毎日書いて、更新し続けます。

こうすれば、勝手に習慣化してしない方が気持ち悪くなるという状況に自分をおくことができます。
こうなればもう勝ちですよね。

自分を信じられるようになれば、自信もつきます。
自信がつけば、覇気がよくなります。
良いオーラを放つ人のところには、運も人も集まります。
結果、成功します。

スピリチュアルを語るつもりはありませんが、
しかし事実です。

是非、自分のセルフイメージを高めてください^^

最近の記事

  1. Physical

    眠たくてたまらない…。成功者の実践する睡眠の基礎
  2. Mind

    社会で成功するための唯一不変の法則
  3. Mind

    あなたの人生が劇的に変わる!たった3つのコツ
  4. Physical

    根本的に仕事疲れを回復して、人生を豊かにする唯一の方法
  5. Business

    論理的思考以上に重要かつ価値の高い思考法
PAGE TOP