本質を突き詰める

どうも、上田貴大です!

ものごとを考えたり、実行しようとする時には、
出発地点から「本質」を考えておく必要はありますよね。

本質を掴むことが大事だ!とは誰もが認識していることですが、
これができている人は、案外少ないなと常々感じています。

例えば、テンプレート。
こうやればうまくいきますよ!という公式みたいなやつを一つの枠組みとして配布することもありますが、
体感として9割型の人は、そのテンプレートの中身の本質については考えません。

へ〜、こうするんだ。勉強になった!

で終わります。

本当はこれ、おかしいですよね?
でも大半がこんな感じなのです。

どうしてこうなるのか?
僕が思うに、それは与えられたものを正解だと信じ込んでしまうことにあると思っています。
学校教育の延長線上にあるような感覚です。

学校で先生が配布するプリント・問題・解答用紙は100%正しい(と思いますよね?)。
これを子供の頃から毎日繰り返してきたわけですから少しでも権威ある人から、
あたかも正解であるかのごとく何かを渡されると、批判する視点が完全に抜け落ちます。
そうすると、完全無思考状態でそれを受け入れてしまいます。

結果、本質について考えないから手にしたテンプレート以外のことでは応用が効かせづらいということにもなりますし、
テンプレートを使った結果の検証もかなりしづらくなります。
つまり、ブラッシュアップできないんですね。

本質さえ掴むことができれば、
本当に柔軟に自由自在にそれを扱うことができるようになります。
そしてそれは、本質を自分の中に落とし込んだということに他ならないので、当然結果にも跳ね返ってくるわけです。

最高の好循環ですねー。
ここまで来ると本当に楽しいですから、ぜひ本質を見極める訓練を積んでみてください。

訓練方法はカンタン。
一度疑ってみること。
どうしてそうなっているのか質問してみること。

子どもの無垢な質問のごとく(たとえば、どうして空って青いの?みたいな)
先入観を取っ払って、色々なものに興味を持ってください。

おすすめです。

最近の記事

  1. Mind

    あなたの人生が劇的に変わる!たった3つのコツ
  2. Mind

    Give & Give & Give …
  3. Business

    コピーライティングの真髄
  4. Mind

    成功へのエスカレーターを作る方法
  5. Business

    全てのことに目標を作り、数値化しよう
PAGE TOP