自分を一気に成長させる、たった一つの考え方

どうも、上田です。
今日、実は仕事で少しイラっとすることがありました…。
仕事に限らず、日常生活を送っていると、それはもうたくさんのイラっとすることがありますよね。

なんでこうなるんだ?
なんでこうならなかったんだ?
いやいや、おかしいでしょ。

などなど。

まぁとにかくたくさんあるわけです。
でも僕は何があろうとも、それは全部”自分の責任”として考えています。

本当に色々あります。

なんで今更そんな仕事が自分に回ってくるんだ?とか。
これを書きながら、今まさにそんな雑務が回ってきたので、またものすごくイラっとしたところです(笑)
雑務はどれだけやっても雑務であって、
仮にそれが信用構築にすらならないようなものであるならば心の底からやりたくないと思ってしまいます。
人生の無駄使いじゃないか?とか…でもこれは、別テーマなので今回は割愛します。

でもどんな状況も自分が先手を打って考えておけば、基本的には回避できるものばかりです。

しかし、日常の忙しさと優先順位の見誤りからおかしな状況を生み出してしまい、それが我が身に降りかかってくるんですよね。

イラついても何も変わりません。
かといって感情の流し先はしっかり用意しておかないと、精神衛生上良くないです。

だから、自分に目を向けるようにしています。
他人は変えられないけど、”自分”だったら変えることができます。

そして、変えられるものに責任を持つことができれば
次からの結果も変えられることになりますから、トータルで見たら絶対にプラスへと持っていくことができます。

だから、前向きに、そしてより良い結果が欲しいのであれば
確実に自分にベクトルを向けて
なんなら自分に関わる仕事は全て自己責任だと思って行動するようにしましょう。

それだけで、目の付け所が変わります。
結果、仕事の仕方も変わるので、成果も変わります。

成果が変わるので、収入も変わり、
最終的には、人生が好転します。

本当に、良いことづくしです。

全部、自己責任。

大事ですねー。

結果は他人のおかげ

成功する人に共通の、しかもすごく素敵な考え方の一つに

「うまくいかないことは、全部自分のせい。
うまくいくことは、全部他人のおかげ。」

という言葉があります。
この言葉は、本当に大切です。
しかもすごく素敵。

でも逆の人、ものすごく多いですからね(笑)

「うまくいかないことは、他人のせい。
うまくいくことは、自分のおかげ。」

特に自分の力に自信のある人ほど、この悪い例に当てはまる人が多い傾向にあります。
一言で言えば、天狗ですよね。

そもそも論を言うのであれば、誰かと組んで一緒にやっている時点で、
それを決めたのは自分なのだから、起きることは全部自分の責任になるはずなのです。

そして、うまくいくとすれば、それは相手が自分と一緒にやっても良いと思ってくれて、良い仕事をしてくれたからこそ
目の前の結果が生まれているわけなので、やっぱり他人のおかげなんですよね。

「うまくいかないことは、全部自分のせい。
うまくいくことは、全部他人のおかげ。」

という考え方は、特に上に立つ人ほど心に強く持っておくべき言葉だと思っています。

これができない人は、どんなに自分に力があっても周りから仲間が消えます。
残っても、数名とか。
しかもその残っている仲間も、行く宛てがないから残っているだけで、
魅力的なものがあればすぐにそちらに
切り替えるみたいな状況であることが多いものです。

これは寂しい。

成功とは、実力をつけることとイコールではない、と僕は考えています。

要素ではありますけどね。

常に感謝の心ですよ。

「うまくいかないことは、全部自分のせい。
うまくいくことは、全部他人のおかげ。」

すごく大事です。

最近の記事

  1. Business

    資本を集めるなら、時間を切り売りしてはいけない
  2. Business

    コピーライティングの真髄
  3. Physical

    眠たくてたまらない…。成功者の実践する睡眠の基礎
  4. Business

    マーケティングというスキルがビジネスの生死を分ける
  5. Experience

    やったことない事を、やってみよう
PAGE TOP