社会で成功するための唯一不変の法則

どうも、上田貴大です。
僕はこれまで色々な人をコンサルティングしてきました。
セミナー等でもこれから成功するぞ!と意気込む人をたくさん見て、多くの方とお話をしてきましたが、
大抵多くの人は、この人から何かを学ぶぞ!という”意識だけ”が先に立っていることが多いです。゚(゚´Д`゚)゚。

意気込みは良いんですけど、
世の中の仕組みについて考えたほうが良いんじゃないかなぁ。
なんて僕は思ったりしています。

人の世の中の仕組みでいうと、
この世は100%「引き上げの法則」で成り立ってます。

とは言っても
「引き上げの法則」とは僕が作った言葉だったりします。
造語ですね。

この言葉の意味は何かと言うと、
この世は上の人が下の人を引き上げることで
成り立っている
ということです。

結構面白いもので、
人間自分で未来を切り拓いていくように見えるじゃないですか?
ある部分ではそうなのですが、自分一人じゃ中々上手くいかんないんですよね、これが。

必ず誰かの手助けが必要なのです。

例えば、業界でもっと上のポジションに行きたいと思ったら、自分よりも上の人と組めるようにするのが王道なんですね。

影響力や権威性を分けていただくために、一緒に動画に出演させていただいたりだとか、
一緒に仕事をすることで、上の方が結果を出し続けているノウハウを分けていただき、より大きな売り上げを達成したりだとか。

スポーツ選手だってそうですよね。
こいつは良い選手になる!と監督に認めてもらって
選手は監督に引き上げてもらいます。

事務職も一緒。
こいつは真面目だし優秀だ!と認めてもらえれば、
その上司は部下を引き上げようと色々と根回しをしてくれるはずです。
全職業において、これは当てはまります。

ツボ職人だってそうですよね?
師匠から技術を教えてもらって、盗んで、上手くなっていくわけですよね?

師匠はその技術を後世に残し、
業界が衰退しないように、技術が失われないように弟子をとるんですよね?

だから、成功しようと思ったら引き上げて頂くしかないのです。
じゃあ、どうやって引き上げ対象になるかということですが、それは「貢献」し続けるしかありません。

だからとにかく、他者に貢献してください。
間違っても、引き上げてください。教えてください。
なんていうクレクレさんマインドはダメですよ(汗)

自分から他者に貢献し続けるのです。
貢献されれば、相手は自分のことを放っておけなくなります。
結局相手も、もらいっぱなしは気持ち悪いから、何か別の形でお返ししようと考えてくれるのです。
それが、「引き上げ」なのですよ。

結論はシンプルですね。
常に他の誰かのことを考えましょう。
常に誰かに貢献しましょう。
そうすれば、成功は勝手についてきますよー。
シンプルながら、めちゃくちゃ強力な法則ですから
ぜひ、日常生活でも考えながら行動してみてください^^

最近の記事

  1. Business

    効率的に思考を整えるならば、文字に起こせ
  2. Mind

    自分の追い込んで結果を出す…の本質的な意味
  3. Mind

    基準値の話
  4. Mind

    その考え方一つが結果を左右する
  5. Mind

    言い訳族による”理解を求める”根性は腐っている
PAGE TOP