Physical

人生のパフォーマンスが一気に上がる運動を継続するたった二つのコツ

どうも、上田です。
僕は毎朝運動しています。
とは言ってもジョギングしたり、筋トレしたりとかの本当に簡単な運動なんですけどね。
でも、大人になると、ほとんどの人は運動をやめちゃいますよね?

 

僕は元々、役者畑の人間です。
役者の世界では体が動くように自己管理をするのは当たり前なので、
多くの役者は当たり前に運動をしています。

例えば、真木よう子さんが所属していたことでも有名な、無名塾という仲代達矢さん主催の劇団では、
毎朝10kmのジョギングから1日が始まるそうです。

そんな世界に僕もいたので、今も当たり前に運動するんですが周りを見渡してみれば……。
いやほんとみんな運動しないですよね。

20代だというのに、ぽっこりお腹の人もやたらと多いんです。
まぁ、1日中PC触って仕事をしていたら、お腹周りに贅肉ついちゃいますよね…。
起きてすぐだったり、疲れた身体で運動やるのが辛いのも分かります。

でも、運動は絶対にやった方が良いですよ。

世界の名だたる有名人も運動習慣は取り入れていますよね?
オバマ元大統領、ジャックドーシー(Twitter CEO)、ロバートアイガー(ウォルトディズニーCEO)などなど。

運動すると、頭の冴えが格段に上がります。
これは経験則でもそうだし、脳科学的にもそうです。
運動することで、神経細胞が活発になるし、新細胞も生まれます。
そのお陰でストレスも消えるし、ドーパミンも出るようになります。

だから健康を保つ上でも、仕事の生産性を上げる上でも、
運動することほど良いことはないというわけです。
体だって健康になるし、肌だって綺麗になるのです。

運動は、良いことしかありません。

ただし、そうは言ってもできないのもわかります。
僕は親が走っていたのもあって、運動(ジョギング)は昔からの習慣なのです。
それに加えて、役者出身ですから走るのが当たり前すぎるんですね。
だから、逆に走らない方が気持ち悪いのです。

でも多くの場合、運動することは習慣ではないですよね?
人間はホメオスタシスという恒常性維持機能が備わっているから、日常と異なることを非常に嫌がるんですよね。

だから運動を始めるためのコツは二つです。

  • 運動着をいつでも取り出せる場所に置いておくこと。
  • シューズも靴箱から出しておくこと。

勝負は、いかにめんどくさい感覚を無くせるかなので、運動する前段階が大事なのですよ。
ここさえクリアできればなんとかなるので、とりあえずウォーキングからでもOKです。
運動することを少し考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 根本的に仕事疲れを回復して、人生を豊かにする唯一の方法

関連記事

  1. Physical

    眠たくてたまらない…。成功者の実践する睡眠の基礎

    どうも!上田貴大です。よく睡眠のことについて聞かれるので、今回…

  2. Physical

    根本的に仕事疲れを回復して、人生を豊かにする唯一の方法

    どうも!上田貴大です。社会に出るといろいろな疲れが出てきますよね。…

最近の記事

Archive

  1. Business

    ビジネスをする上で避けては通れないフェーズ
  2. Mind

    あなたの人生が劇的に変わる!たった3つのコツ
  3. Business

    コピーライティングの真髄
  4. Mind

    ”的”を絞る
  5. Mind

    言い訳族による”理解を求める”根性は腐っている
PAGE TOP